医療脱毛する前に知っておきたい10のコト特集そもそも、医療脱毛とは!

特集 医療脱毛まめ知識

そもそも、医療脱毛とは!

そもそも、医療脱毛とは!

  • レーザーなど、医療用の機器を使った脱毛のこと
  • 医師がいる中で施術を行うので、万が一のときも安心で効果が高い

医療脱毛とは医療機関で行われる脱毛のことで、おもにレーザーや電気針による脱毛によって永久的な効果が期待できるものです。医療行為ですから、厚生労働省が認可した機器しか使用できませんし、施術自体も医師の管轄のもとではないと行うことが許されておりません。

また、エステサロンなどで行う脱毛とは異なり「永久脱毛」をうたっても問題がありません。それは、医療用のレーザー機器はその出力の強さなどから効果的に脱毛を行うことができるようになっているからです。エステサロンなどで使う多くの機器は医療機器ではないために強い出力を出すことができません。そのため痛みは少ないものの、効果もその分薄いくなっているのです。
レーザー脱毛以外にも、医療脱毛としては電気針脱毛というものがあります。レーザーでは反応しないうぶ毛や黒くない毛などの薄い毛にも一本一本確実に永久脱毛することが可能です。その分痛みはレーザー脱毛に比べ強いと言われております。

更に、医師が担当するため、肌にもともとトラブルのある人や敏感肌・アトピー性皮膚炎の人なども、しっかりと個人個人に合った施術法や出力の強さなどを調整してもらえます。どうしても体質的に施術に向かないような場合もきちんと納得のいくまで説明を受けることができるでしょう。ただし、医療脱毛は効果が高い反面、施術後のケアも重要になってきます。施術後の日焼けは厳禁ですし、万が一赤みが増してきたり腫れたりした場合にはすぐに医師に診てもらいましょう。

上に戻る